2016年07月12日

ビビ×スピカ ベービー達の初トリミング講習会 in テリアージュ

ビビとスピカのベービー達が、それぞれのオーナーさんに連れられて
初トリミング!!!

オーナーさん達も、自分でトリミングをしたいと言って頂けたので、
テリアージュの浅野先生にお願いして講習会にしてもらいました。

わたしも久しぶりの再会にとってもワクワク!!

ブリーダーさんに残した女の子には、ショー会場などで
時々会っていたのですが、男の子たちは本当に久しぶり。

まう君もプロ君も立派な男子になって来ました。

可愛い!可愛い!  もう何をやっても可愛い!!

これからケアーン犬生では、トリミングは大事なイベント。
しっかり慣れておいてもらうためにも、初めてのトリミングでは
どうすれば良いのか?をしっかり教わりました。犬たちは本当に理解も早く、
花丸の合格点!

オーナーさん達もとても熱心に先生に質問され、これからどんどんトリミングが
楽しくなってもらえそうです。(*^。^*)

01eed12c55b534228114d35f7197dda9c947d0b9bb.jpg
まう君とまう君ママ〜後ろでニコニコ

01bcbaeb8faff3b3595e31038caf2c7cf93dfde5e8.jpg
プロ君とプロ君ママ〜後ろでニコニコ

01c617588728ada6e916cf143cba70b63ece115621.jpg
ガイアとプロ君、お尻がくっついています。

01077263e4abeee29eea6599514a0c12addc271e06.jpg
なんとか、3チビで記念写真。

01a6f312a2709510590609f378b4d8e933463d4caf.jpg
那須で3チビで遊んでいたころは、こんなに小さかった〜(*^。^*)笑

とっても、楽しい時間でした。また、第2弾宜しくお願いします。











posted by M.Y. at 18:40 | 日記

2016年07月07日

グレートウェスタンの副賞がすごい!!!

先日、グレートウェスタンのお疲れ様&祝勝会を催しました。
そこで、ハンドラーの黒須さんから頂いたリボンと賞品。

この副賞はそれぞれブリードのクラブが出すので
ケアーンテリアはケアーンテリアの賞品。
エアデールはエアデールテリアの賞品になります。

グレードウェスタンでは、ケアーンテリアクラブオブサウザンカリフォルニアから出ています。

こんな素敵な賞品が用意されていると、ショーに出す楽しみも倍増ですね!!

0183424f1ccda21ba51a28419717ca0c3e2058532f.jpg
これが、ベストオブブリードの副賞です。ブロンズ像です。とっても重い(^_^;)

018f6e7755e63857756329c6498b4f98bcfb82f89b.jpg
この可愛いケアーンズ像たちは、それぞれグループを勝ち上がって頂いた賞品だそうです。

01fae1c4d8b9fcf746e8b4a942cec7e9c7dcafd08e.jpg

0108e6c1801dae1450594087771334dd2b30293ce4.jpg

これは、グレートウェスタンのマークが勲章のようになっています。

01dd1e9a9d346ba58a528bd4b46672e07ecbeba203.jpg
これは、ショーのテーマのようなものがあるらしく、この時はティーパーティー!!と言うことで、
ティーカップと紅茶のいろいろです。

01a504e9c3361a4f45a7bc9f6521799876341986be.jpg
最後にリボンたち。 

大事に、大事にアメリカから日本に持って帰ってくださって、黒須さん、原田さん
本当にありがとうございました。 
また我が家に家宝が増えました。










posted by M.Y. at 13:50 | ドッグショーの結果

2016年07月01日

オフィシャルなお写真が届きました!!!

2016年 6月26日 グレートウェスタン テリアアソシエーション ドッグショー
にて、カイサがベストオブブリードを頂いた時の公式写真です。

今回のジャッジの Mr. Joe Vernuccio さんは、ご自身でもケアーンテリアを
ブリーディングしているケアーンのスペシャリストでした。

アメリカタイプのケアーンとヨーロッパタイプのケアーンと好みは分かれますが、
基本的な犬としての骨格構成や歯・目・テールセット・コートの質、ケアーンとしての気質などは
タイプが違っても、「誰が見ても良いものは良い」と言う犬たちが世界のショーには並びますね。

それは圧巻です。

アメリカと同時期に行われていたワールドドッグショーでは
見事にヨーロッパタイプが並びました。
世界のブリーディングレベルってこんなに凄いんだ・・・・・・(@_@;)

今回は我が家のカイサ嬢頑張ってくれました。
この子を土台にどんなケアーンテリアを作っていくのか?
今はわたしの指針を問われているようで、身が引きしまる感じです。
でも、ビビとカイサを託してくれたエリザベスさん、ハンドリングと管理を快く引き受けてくれた
黒須さん、そして沢山の周りでサポートしてくれている方々に、
時に励まされ
時に叱られながらも、ともに歩いてくださることに心から感謝しながら
真摯にブリーディングにチャレンジしようと思います。
これからも、よろしくお願いいたします。

DSC_3009.jpg


posted by M.Y. at 12:32 | ドッグショーの結果